ハーレーダビッドソンのエンジン入門

エンジン

ハーレーダビッドソン製のバイクの大きな特徴はそのエンジンの形状にあります。同社のエンジンはVツインと呼ばれ2気筒が45度の角度でV型に配置されています。ハーレー入門者がまず覚えておくべきこととしては、VツインとOHVを採用している点が挙げられます。バルブの開閉を行うシステムにはサイドバルブやOHV、OHC、DOHCがあります。初期型のハーレーダビッドソンにはサイドバルブが搭載されていましたが、現在ではOHVを採用しています。OHVもバルブ駆動システムの中では古い技術ですが、独特の乗り味があります。

ハーレーダビッドソンが製造するバイクの乗り味は、V型2気筒による力強いトルクから生み出されています。トルクとはピストンが1回爆発したときに生み出される力のことです。ピストンが大きいほどトルクも大きくなります。一方国産のバイクによく見られるのは4気筒マシンです。気筒数が多くなるとピストンも小さくなりますが、全体的な回転数を上げることができます。回転数を増加させることで総合的な馬力が決まり、馬力が大きいほど最高速度も上がります。大きな2つのピストンが力強いトルクを生み出すV型2気筒は加速感に優れており、世界中のファンに愛され続けています。